いわもと内科おなかクリニック|甲府市向町

おなかに優しいかかりつけ医

Blogブログ

主な消化管感染症の感染源と潜伏期間

17 Dec. 2020

感染性腸炎(いわゆる食中毒)の主な病原生物と潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)

夏場に増える感染と冬場に増える感染があります。

主要な症状としては急な腹痛、下痢、嘔吐、発熱、時に血便なども見られます。症状が見られましたら胃腸科・消化器内科で相談するのが良いです。

 

 

病原生物 潜伏期間 食品
ノロウイルス 24-48時間 貝類、二次感染
黄色ブドウ球菌毒素 1-6時間 手指からの感染(おにぎりなど)
ウエルシュ菌 6-18時間 食肉加工品
毒素原性大腸菌 1-3日間 糞便で汚染された食品
カンピロバクター 2-5日間 鶏肉、牛乳
サルモネラ 1-3日間 卵、鶏肉、生鮮食品、牛乳
腸炎ビブリオ 2-48時間 生の魚介類

山梨県甲府市 消化器内科・内科・胃腸科 いわもと内科おなかクリニック