いわもと内科おなかクリニック|甲府市向町

おなかに優しいかかりつけ医

Sick病気について

便秘

便秘とは慢性便秘症診療ガイドライン2017において、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」とされています。患者さんの訴えとしては「便が毎日出ない」「便は毎日出るけれどスッキリしない」「便がコロコロしている」などそれぞれ一口に便秘と言っても異なります。多い症状は腹部膨満感、腹痛、硬い便、いきむ習慣に伴う痔の合併や肛門痛などです。検査異常が無いにもかかわらず認める便秘の方で、腹痛のないものを「慢性便秘症」、腹痛のあるものを「便秘型過敏性腸症」と診断します。
原因として食事、運動、睡眠など生活習慣に伴うものが多いです。他の原因としては病気に伴うものや薬剤による副作用、過去の手術歴による腸管癒着などの影響を受けます。中には大腸癌などの疾患が隠れていることもあります。
診断には排便状況の問診、他の疾患や薬剤の使用歴、内視鏡・レントゲンなどの諸検査で行います。長期に及ぶ・悪化している方では大腸癌などの腸疾患が無いか内視鏡検査で確認することも重要です。
治療は食事療法や内服治療が多いです。食事療法では食物繊維や水分摂取をこころがけ、ウォーキングなどの適度な運動も重要です。治療薬には大きく分けて刺激性下剤と非刺激性下剤があります。刺激性下剤(プルゼニド・センノシド・アローゼン・ピコスルファートなど)は腸の動きを刺激することにより排便を促す薬剤です。長期の使用になると効果が減弱し、便秘が悪化することも知られており漫然と使わないように注意が必要です。非刺激性下剤(マグネシウム剤など)は便を柔らかくすることで排便を促す薬剤です。即効性は低いですが長期でも安全に使用できることが多いです。最近では多くの新しい機序の薬剤が登場しており、便秘解消に期待ができます。
便秘を長期に放置すると、より悪化することがあります。刺激性下剤の長期内服や症状の放置などは行わず、お困りの方は適切な治療を受けるのが良いです。

下痢

 下痢症には急性下痢症と慢性下痢症があります。急性下痢症は発症から間もない、急に発症したものを指します。原因としては感染性(細菌やウイルスなどの感染)と非感染性(食事の影響、アレルギー、循環障害)があります。治療は原因によって抗生剤や水分摂取など適切に行うことで改善が期待できます。慢性腸炎は長期に続く、緩やかに悪化していく下痢症が多いです。原因としては胃疾患(胃術後など)、大腸癌、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)、消化吸収不良(吸収不良症候群など)、腸管運動障害(過敏性腸症、膠原病、神経性など)、代謝内分泌(甲状腺機能亢進症、糖尿病など)、放射線など様々です。検査を適切に行い、診断、治療をすることで症状改善に結びつきます。長期にお悩みの方はご相談ください。

胃酸逆流(胃食道逆流症:GERD)

 主に胃の中の酸が食道へ逆流することにより、胸やけや呑酸(酸っぱい液体が上がってくる感じ)などの不快感を自覚します。胸が詰まるような痛み、のどの違和感や慢性的に咳が持続する場合もあります。胃酸の逆流は食後2~3時間までに起こることが多いとされます。
胃食道逆流症には、①食道炎(食道粘膜のただれ)がなく自覚症状のみのタイプ(非びらん性胃食道逆流症)、②食道炎があり、かつ自覚症状があるタイプ、③自覚症状はなく、食道炎のみの3種類に分けられます。
胃食道逆流症は食事が十分に楽しめない、よく眠れない、症状のため仕事がはかどらない、会社を休んでしまうなど日常生活に影響を及ぼすため適切な対処が必要です。生活習慣を見直したり(食べ過ぎ・高脂肪食摂取・就寝前の食事、過体重等)、適切な薬で多くは症状や食道炎が改善し、精神的、社会活動的な満足度も改善します。食道炎の有無は胃カメラ検査で診断が可能です。自覚症状が無くとも食道炎が長期に及ぶことで食道癌になる恐れもありますのでご心配な方は相談ください。治療薬には胃酸分泌抑制薬(胃薬)、消化管運動改善薬や漢方薬などがあります。最初に胃薬を使用することが多いですが効果の弱い方では薬剤変更や上乗せを行います。改善が見られた場合は不用意な長期服用は行わず、内服中止や症状の出そうなときに内服するオンデマンド療法などが用いられます。

胃癌とピロリ菌

 胃癌は、日本で一年間に約13万人が診断されます。男性に多く、50歳ごろから増加してきます。症状は、早期では無症状ですが進行するにつれ、みぞおちの痛み、胸やけ、吐き気、食欲不振などが出現します。また、胃癌から出血し貧血や黒い便が見られる場合もあります。治療は内視鏡や外科手術、抗がん剤などです。胃癌を指摘された場合は専門病院へ速やかにご相談ください。
胃癌の発生要因としてはピロリ菌感染、喫煙、塩分摂取が危険性を高めることが知られています。胃癌予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、運動、適正な体形などが効果的とされています。
胃癌検診としてバリウム検査と胃カメラがあります。1年に1回の検診を行えば早期発見が多くの場合は可能です。過去に胃癌の治療歴のある方はその限りではありませんので主治医の先生と検査間隔は相談が必要です。ピロリ菌が認められた場合は除菌治療によって胃癌予防が可能です。治療は抗生剤の飲み薬を1週間内服します。胃カメラ検査で疑われた場合に保険診療で検査や治療が可能です。中には除菌が不成功となり二次除菌、三次除菌となることもあります。

大腸癌、大腸ポリープ

 大腸ポリープから発癌するものが多いですが、中には直接発癌するものもあります。日本人ではS状結腸と直腸にできやすいといわれています。早期癌では自覚症状はなく、進行すると血便、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、体重減少などが出現します。大腸癌は生活習慣と関わりがあるとされ、赤肉(牛、豚、羊など)や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)の摂取、飲酒、喫煙により発症率が高まります。肥満、高身長との人でも大腸がんを発生する危険性が高いといわれています。大腸癌予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、食物繊維を含む食品の摂取が効果的です。
大腸癌検診は便潜血検査で、大腸がんやポリープなどによる出血が便に混じっていないかを調べます。検査の結果が「要精検」となった場合は、大腸内視鏡検査を行います。毎年定期的な検診が推奨されますが、中には急速に進行することもあります。気になる症状が続く場合は、次の検診を待たずに医療機関を受診するのが良いです。

炎症性腸疾患(IBD)、潰瘍性大腸炎、クローン病

 炎症性腸疾患は多くの場合、潰瘍性大腸炎とクローン病を総称する言葉です。その他には腸管ベーチェットや好酸球性胃腸炎、感染性腸炎などの腸炎も含めて示すこともあります。潰瘍性大腸炎、クローン病は胃腸に慢性炎症を起こす厚生労働省の指定難病疾患です。日本では増加の一途をたどり、25万人以上いるとされ、自身の免疫異常や腸内細菌、遺伝的要素などが原因とされています。
診断には内視鏡検査が必要で、治療はステロイド治療や難治例では免疫抑制をする生物学的製剤などを使用することもあります。完治は難しく、良い状態(寛解)と悪い状態(再燃)を繰り返すことが多いです。長期に及ぶと外科手術を必要とすることもあり、早期診断、早期治療が重要となります。難治の場合に使用される生物学的製剤は複数あり、患者さんの状況に応じて使い分けを行います。専門医へ受診し最適な薬を相談する必要があります。

腸内細菌叢(腸内フローラ)と病気

 腸内細菌叢は体の中で様々な重要な役割を担っています。感染防御、腸の免疫を正常に保つなどを行うことで疾患の発症を抑制しています。近年、腸内細菌叢の異常は便秘、炎症性腸疾患、大腸癌、脂肪肝、動脈硬化、肥満、糖尿病、アレルギー疾患など様々な疾患と関連が報告されています。腸内細菌叢の多様性の低下(Dysbiosis)は病気の発症と関連し、その予防として薬品以外にも保健機能食品や一般食品に至るまで様々なものが取り上げられ、商品化されています。腸内細菌叢の分布は人それぞれ異なることもあり、必ず効果のある食品や薬品は未だ明らかとなっていません。個々の状態に応じて生活習慣を見ていく必要があります。また胃薬(PPI)や痛み止め(NSAIDS)などの薬剤は胃腸へ影響を与えることが知られており、腸内細菌叢にも影響を与えることが知られています。