いわもと内科おなかクリニック|甲府市向町

おなかに優しいかかりつけ医

Informationインフォメーション

午後の診療もご利用ください(診察・内視鏡)

28 Dec. 2020

午後の診療もご利用ください(診察・内視鏡)

いつも多くの方にご来院いただき、誠にありがとうございます。現在、診察予約は午後に比較的余裕があり、待ち時間も短く診察からお会計まで早く終わることができます。またご希望の方では午後の胃カメラ検査も承っています。

午後の診察は午後3時半から6時までです。(最終受付5時半)

時間に融通の利く方ではご利用ください。また健康診断や胃カメラドックなどご希望の方もお気軽におたずねください。

(WEB予約)

https://clinics.medley.life/reservation/5ecf50788b547a15c1bbc999

年末年始の診療時間(内科・胃腸科・消化器内科)

26 Dec. 2020

年末年始の診療時間(内科・胃腸科・消化器内科)

年内の診療は2020年12月29日午前12時までとさせていただきます。

年始は2021年1月4日午前9時より通常の診療時間で開始となります。

内視鏡検査は胃カメラ検査は年内12月29日まで、大腸内視鏡は12月28日まで予約を承ります。

年明けは胃カメラ検査は1月4日より、大腸カメラは1月6日以降の予約に空きがございます。症状にお困りの方ではその限りではありませんので、気軽にご相談ください。

また今後、一般健康診断や胃カメラドックなども承ります。ご希望の方は気軽にお問合せください。(ホームページ準備中です)

 

WEB予約

https://clinics.medley.life/reservation/5ecf50788b547a15c1bbc999

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)で取り扱っている下剤、使用方法(胃腸科・消化器内科)

22 Dec. 2020

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)で取り扱っている下剤、使用方法(胃腸科・消化器内科)

大腸内視鏡検査は午後1時半と2時半で行っています。

*検査当日は糖尿病の内服はしないでください。血圧の薬を内服しているかたはいつも通り服薬してください

*当院で下剤内服をご希望の方は13時半予約の方は9時、14時半予約の方は10時に来院ください。

 

  • ニフレック

検査前日 20時までに食事をすませ、下剤(センノシド)を2錠内服します

検査当日 朝食は食べず、普段の常用薬は7時に内服します。

当日検査4時間前より2Lに溶解して下剤を内服してください。1 袋を水で溶かし約 2L の溶解液とします。通常、成人は 1 回 2~4L を 1 時間あたり約 1L の速度で服用 します。

 

  • モビプレップ

検査前日 20時までに食事をすませ、下剤(センノシド)を2錠内服します

検査当日 朝食は食べず、普段の常用薬は7時に内服します。

1 袋を水で溶かし約 2L の溶解液とします。通常、成人は溶解液を 1 時間あたり約 1L の速度で服用します。 この溶解液を約 1L 服用した後、水またはお茶を約 0.5L 飲用します。

 

(モビプレップの内服方法 EAファーマホームページ 動画あり)

https://www.eapharma.co.jp/patient/products/moviprep/howto/#tab01

 

  • ピコプレップ

検査前日 18時までに食事をすませます。検査前日は消化によい物のみにするのが良いです。19時から下剤150mlと水、お茶、スポーツドリンクなどの透明飲料をコップ5杯以上摂取します。下剤の効果は約5-6時間ほど続きます。

検査当日 朝食は食べず、普段の常用薬は7時に内服します。検査4時間前より前日と同様に下剤150mlと水、お茶、スポーツドリンクなどの透明飲料をコップ5杯以上摂取します。

(ピコプレップの内服方法 日本ケミファホームページ 服用方法や食事、摂取可能な飲料の説明あり)

https://www.nc-medical.com/picoprep/howto/dosing/index.html

 

当院内視鏡のページ

内視鏡

胃内視鏡・大腸カメラの予約状況

19 Dec. 2020

(胃内視鏡・大腸カメラの予約状況)

12/21以降、胃カメラ検査は数日以内(当日も時間により可能です)、大腸内視鏡は1/6以降でのご案内です。

年始は1月4日より予約を承っております。健診異常や症状のある方はお気軽にご相談ください。

また緊急を要する病状の方では、予約時間とは他の時間帯で速やかに大腸カメラも手配をいたします。症状が強くお困りの方はご遠慮なくおたずねください。

インスタグラム、フェイスブックもご覧ください. インスタでは胃カメラ・大腸内視鏡動画あり

18 Dec. 2020

インスタグラム、フェイスブックもご覧ください. インスタでは胃カメラ・大腸内視鏡動画あり

 

検査の空き状況、インフルエンザの残り状況、検査紹介など行っています。

また医療情報、当院の情報などを適宜発信しています。

お手すきの方はご覧ください。PC画面右上、スマートフォンはタブのアイコンより閲覧可能です。

インスタグラム:https://www.instagram.com/iwamotoonakaclinic/  胃カメラ・大腸内視鏡の動画あり

フェイスブック:https://www.facebook.com/iwamoto.onaka.clinic

小児の患者様の受診につきまして

17 Dec. 2020

当院では消化器内科専門医、胃腸科専門医として腹痛、下痢、便秘などの症状について診療をさせていただいています。

診療の対象年齢としましては原則的には大人の方(15歳以上)となりますが小学生以上の方でも可能な限り診療を行わせていただきます。

急な症状への初期対応や長期に及ぶ便秘・下痢・胸やけなどの症状について小児でも可能な限り診療を行わせていただきます。また当院で診療が困難であると判断した場合はお近くの小児科や病院への受診を勧めさせていただく場合もありますのでご了承ください。

 

また山梨県では潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の専門医は成人を対象とする内科でも数名しかおらず、小児科にいたっては全くいない、といった現状があります。炎症性腸疾患についても消化管難病の専門医として可能な限り診療をいたしますのでお気軽にご相談ください。

 

インフルエンザは乳幼児から承っております。

年末年始の診療時間

15 Dec. 2020

年内の診療は2020年12月29日午前12時までとさせていただきます。

年始は2021年1月4日より通常の診療時間で開始となります。

内視鏡検査は胃カメラ検査は年内12月29日まで、大腸内視鏡は12月28日まで予約を承ります。年明けはどちらも1月4日から予約を受け付けます。

インフルエンザワクチン

11 Dec. 2020

インフルエンザワクチンがまだ在庫ございます。お子様の2回目、未接種の方などいらっしゃいましたらお問合せ下さい
055-244-7144

便中カルプロテクチンの過敏性腸症候群と炎症性腸疾患の診断補助について資材監修をさせていただきました

07 Dec. 2020

当院院長 岩本がThermo Fisher Diagnostics社のエリアカルプロテクチン2という検便マーカーの医療機関向け資材「過敏性腸症候群(IBS)との鑑別が重要な炎症性腸疾患(IBD)の診断の補助に対する便中カルプロテクチン検査(FEIA法)の有用性について」を監修させていただきました。

カルプロテクチンは白血球に含まれる好中球の一成分で腸管に炎症が起こると好中球が炎症部位に集まるため便中のカルプロテクチンの量が増えます。それを測定することで腸炎と腸に炎症のない過敏性腸症候群の鑑別を可能とするバイオマーカーです。慢性的な下痢症状の方にこの検査を行うことで腸炎の有無を高感度に予測できます。一定の要件を満たすことで保険診療で検査可能であり、内視鏡に抵抗のあるかたや小児の患者さんではまず検便を行うことで内視鏡の必要性について検討できます。(あくまで診断補助となり確定診断ではありません。結果の解釈については胃腸内科医との相談が望ましいです。)

 

(下記リンク:監修資材)

IBD・IBSの便中カルプロテクチンによる診断補助

インフルエンザワクチン

01 Dec. 2020

12/1夕 現在、インフルエンザワクチン残り25人分ほどあります。

ご希望の方は早めにご連絡ください。